日本ファルコムや好きなことの雑記ブログです。
仕事

給水装置主任技術者の難易度は?

私は本業が設備屋の番頭です。

仕事に関係する資格が結構たくさんあるのですが、設備関係の資格は実務経験が必要なものが多いです。
なので今の時点で受けることができる資格を何個か取得しているので紹介していきます。

とりあえず私が今、持っている資格は

  • 給水装置主任技術者
  • 排水設備工事責任技術者

上記の2個を現在持っています。

今回はそのうちの給水装置主任技術者を紹介しようと思います。

給水装置主任技術者について

給水装置主任技術者とは
給水装置工事事業者が水道事業者から指定をうけるために必須の国家資格です!

設備屋の番頭なら多分、会社から取れといわれるでしょう。
職人でも2級は取ってる人が多い印象があります。まぁこっちよりも職人はもっと必要な資格があるので優先度は低いかもしれませんね。

国家資格ですので、取っておけば建築業界での転職などでも役にたつでしょうからぜひとってください。

給水装置主任技術者試験を受けるには?

まず、実務経験年数が3年必要です。

ここで注意しないといけないのが、受験条件の実務経験とは

水道法第25条の6で定められた給水装置工事に関する実務の経験3年以上

これを満たさないと受験資格はありません。

つまりこれは現場仕事が3年以上ということです!
事務や経理で入社した会社員の人は3年たっても、ここでいう実務経験3年とはなりません。
この場合は受験資格なしです。

まぁ、受けるひとはほとんど現場に出ている人かと思いますので特に問題ないかもしれませんが、一応気をつけてください。

給水装置主任技術者試験の難易度(合格率など)

合格率ですが、年度によって多少のバラつきがあります。

大体、30%~40%でしょう。
試験が簡単なあたり年は50%とかもあります。これに関しては運なので簡単なことを祈ってください笑

合格率を見てもわかる通り、国家資格ですがめっちゃ難しい!というわけではないです。

筆記試験とはいえ、多少は実際の現場仕事で知っていることが出てきますので1から勉強!というよりかは楽だと思います。


私の勉強時間、方法について

私は過去問集で勉強しました。

出てくる問題が結構過去出題された問題が多いので、過去問集が一番いいです!

とりあえず問題と解説をみてなんとなく覚えてください。完全に覚えれなくても
回答がマークシートなので、これ見たことある!と思えるだけでもだいぶ正解率が上がります。

私の勉強時間ですが、2週間程です。

え?それだけ?って思う方も多いでしょうが、試験まで覚えておけばいいので、十分だと思います。
僕も勉強が嫌いなので、短期間だけの勉強しか続きませんし覚えれないので笑

2週間もあれば過去問集は一通りできますので、試験までは覚えておくぞ!という気持ちで頑張りましょう!

まとめ

めっちゃ難しい試験ではないので、2週間ほどだけでも(できれば過去問集一通り)頑張って勉強してください!
一応国家資格ですのであまり簡単に考えてはいけませんが、本番一発勝負ってことだけはないようにすれば大丈夫ではないでしょうか。

また排水設備工事責任技術者も紹介しますのでよろしくお願いします。

ではっ!

ABOUT ME
りゅー星☆彡
めんどくさがりな23歳の双子です。 軌跡シリーズ、Ysシリーズが好きでギタフリなど音ゲーもしてます。 暁の軌跡モバイルプレイ中。ゲーム実況もよろしくね。